ART

日常の風景の中に…

新潟の何気ない日常の風景をキャンバスにし、
人が自然と共生して創り上げてきた歴史や文化を取り入れながら、
今ここにはない新潟の姿を楽しく表現する。写真は平岩史行が撮影し、
絵は現役女子高生の松島咲月がスマホアプリを使って描く。

アーティスト|松島咲月+平岩史行

平岩史行が松島咲月の絵をTwitterで見て、自身が撮影した日常にある新潟の風景をキャンバスにして絵を描いてほしいという依頼をしたことによって誕生したユニット。現在、ユニット名を考案中。候補名は、2109年1月6日。
日常の風景の中に、松島咲月が自身のフィルターを通して受け取った過去、現在、未来、願い、想いを絵として表現する。今後の活動は、阿賀野川流域を舞台にする予定である。

松島咲月
平岩史行
#アート #仮想みずとつちの芸術祭2021